このイベントは終了しました。

当日の様子

内容

\いつものBBQにマンネリを感じてる方必見!/

北海道の米どころ当麻町で、北海道開拓時代からお米を作り続ける農家、長谷川農園・長谷川さん。先端的なIoT農業も導入されている長谷川さんは、美味しいお米を生産することだけでなく、低価格で消費者に届けるため、日々研究と挑戦を続けておられます。

秋のアウトドアにぴったりなアウトドア飯づくりを「とうま山スポーツランドキャンプ場」からライブ中継!
一般的なルーや食材を使った誰でも簡単に作れるアウトドアスープカレーに長谷川さんの作るカレー専用米を合わせ、お米でカレーが美味しくなる体験をしてみてください!

いつものBBQをおしゃれにしてみたい方やベランダキャンプをやってみたい方、レトルトカレーを食べておられる方は、一見の価値あり。

長谷川さんがブレンドしたカレー専用米を味わってみよう!
長谷川さんがカレーを最も美味しく食べれるように北海道を代表するお米「ななつぼし」と「ゆきさやか」をカレー専用にブレンドしたお米をお届けします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<生産者紹介>
長谷川農園/長谷川 新さん
北海道の米どころ当麻町で、北海道開拓時代からお米を作り続ける米農家。ゆめぴりかをはじめ、さまざまな北海道米を生産。IoTを活用した先端的な農業など、美味しいお米を作るために日々研究を欠かさない。カレーに合うお米や酢飯にピッタリなお米などの「料理専用米」の開発・販売にも取り組んでいる。

<スペシャルゲスト>
とうま振興公社/石黒 康太郎さん
札幌市生まれ。当麻町の施設で11年間障害のある人を支えた後、とうま振興公社に入社。『ひげのガイドさん』として、とうま山スポーツランドキャンプ場のハンモックキャンプや当麻鐘乳洞など、当麻町を中心に「遊び」を生み出す仕掛け人。


<実演・配信内容>
生産者による美味しいお米の炊き方とカレー専用米にピッタリのスープカレー作りを現地のキャンプ場から生配信!
どこでも買えるルーや食材で作れるお手軽スープカレーをアウトドアクッキング!
隠し味は、当麻の酒米を使い当麻鐘乳洞で熟成した「龍乃泉」の酒粕で作ったライスモルトディップです。
長谷川さんの作るカレー専用ブレンド米をダッチオーブンで調理する様子を配信しました。

<主催者プロフィール>
●赤松 慎一郎
稼ぐ地域作りを目指して、地域と二人三脚で走り、一緒に転んで一緒に立ち上がり、一緒にゴールして、勝利の美酒を味わいたい地域活性化プロデューサー。年間200日を地方で過ごす旅人だったが、現在は娘に溺愛しテレワークにシフト。祭りの縁日から、CM制作、マーケティング戦略立案、観光コンテンツ制作、謎解きづくりまでなんでもやれる器用貧乏。良く言えばオールラウンダー。オンラインでの体験でリアルを超えることを目指して7転び中。

●佐藤 紗希
北海道八雲町出身の29歳。八雲の食材で食品製造する祖父の背中を見て育ち、地域活性化に興味を持つ。「地域の知られざる魅力を世界に発信する」をビジョンに、2019年冬に八雲町のVRツアーを企画し、都内の複数のゲストハウスでVRツアー体験会を開催。2020年4月、コロナを機にリモメシを開発。現在は赤松さんとともにリモメシ商店街の立ち上げをおこなう。メーカーにてIT研究開発と新規事業デザインに従事した経験を活かし、現在はWeb開発、サービス立ち上げ、旅行業顧問などをおこなう。
https://ethimy.com

●西野 愛菜
編集者/京都生まれ京都育ちの生粋の京都人。学生時代、「想いのしおり」という職人さんの想いを発信するフリーペーパーを制作。京都美術工芸大学卒業後、新卒で編集系のベンチャーに入社。編集者として奮闘中。

← Back